特定非営利活動法人
アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町
1-7-11
TEL:03-5209-3455
E-mail:office@parc-jp.org


18. もうひとつのなりわい

申し込み価格(税込):
37,000


「自分らしい仕事をみつける」「自分が輝ける働き方を実現する」これは単に自分勝手な自己実現でしょうか?自分が輝けるからこそ、他者も輝ける。自分らしくあるからこそ、他者にもそれを許容できる。そんな働き方があなたにもきっと見つけられるはず。このクラスでは今のあなたとは違う「もうひとつ」のあなた;「もうひとつのなりわい」を探し実現していくヒントを見つけるためのクラスです。

●2016年6月 - 10月 ●原則として金曜日 19:00-21:00
●全7回/定員30名 ●受講料:37,000円
※出かける回の交通費・宿泊費・食費などが別途かかります。




※初めて自由学校通年講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります。

写真: 岡山県西粟倉村の林業現場の様子(提供: 村楽エナジー株式会社)
只今申し込みできません。お問い合わせください。

<6/10 19:00-21:30>【オリエンテーション】しごとの在り方をとらえ直そう

古瀬正也(古瀬ワークショップデザイン事務所 代表)

良いしごととは何か。「仕事(=人間的な営み)」と「稼ぎ(=お金を得るための労働)」を分けることで、しごとの在り方を受講生のみなさんと一緒に考えたいと思います。

●参考文献:かがり火編集委員会編『哲学者 内山節の世界』新評論 2014年
●参考ウェブサイト:「古瀬ワークショップデザイン事務所HP」 「山里暮らしから『仕事』と『稼ぎ』のちがいに気づく」『現代農業』2014年8月号
18. もうひとつのなりわい

<6/24>「月に3万円しか稼がないビジネス」という考え方 ―いいこと好きなことで愉しく稼ぐ―

前田敏之(3-biz前田商店 代表/月3万円ビジネス協会 代表理事/きさらづ里山の会 代表)

月3万円の仕事でも5つ持てば15万円になります。果てのない競争で消耗し合わず、やりたい仕事を創り、それを分かち合いませんか。僕の事例と起業のコツをお話します。

●参考文献:藤村靖之『月3万円ビジネス』晶文社 2011/藤村靖之『月3万円ビジネス 100の実例』晶文社 2014
●参考ウェブサイト:「月3万円ビジネス情報サイト」 「3-biz前田商店」 
18. もうひとつのなりわい

<7/10(日)14:00-17:00>個人的な困りごとから仕事をつくる「ナリワイ眼」を養うワークショップ

伊藤洋志(ナリワイ 代表)

とにかく物事を具体性に考えて実行する力を身につけます。まず日々体感する物事から生活に変化を与えるアクションを見出す練習をします。
これが大事です。まずは自分の生活を変える。それが他人にも応用できれば仕事になります。自分の生活だけが変わった、それもOK。とにかく惰性で日々過ごさない。

受講前からでもできることをはじめましょう。面白いから!

●主著:『ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方』東京書籍 2012/『フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ』東京書籍 2014
18. もうひとつのなりわい

<9/3(土)>10:00-14:30【東京都小金井市・KyklopSketchを訪ねる】〈なりわい人インタビュー〉縁を大切にするしごと「珈琲屋台出茶屋」「ツヅクキモノ」

内山イズミ(ツヅクキモノ主宰 和的生活推進部 仕立て屋)


●参考ウェブサイト:
ツヅクキモノウェブサイト」「izumiのブログ」着物離れが進む中、私たちツヅクキモノが選んだのは家族や物を大事に想う家庭和裁。つながるご縁を大切に誰かのために針を進める。心のこもった仕事を一緒に考えましょう。


鶴巻麻由子(珈琲屋台 出茶屋)


小金井で珈琲の屋台を始めて12年。リヤカーを引き、炭火と鉄瓶のお湯で珈琲を淹れています。お客さんと共に歩む日々を少し、お話し出来たらと思います。

●主著:『今日も珈琲日和』東海教育研究所 2015
●参考ウェブサイト:「珈琲屋台 出茶屋ウェブサイト
協力:KyklopSketch
KyklopSketchは武蔵小金井でおこなわれているお絵描き教室。Kyklops は一つ目の巨人。大きな空想、想像の象徴として名付けました。年齢問わず自由に発想して描き、作る場をご提供しています。

<9/9>コミュニティでのなりわいづくり―国境を越えた協力の事例から

井上礼子(パルシック 代表理事)

どんな状況になっても人は食べていかねばなりません。パルシックでは、危機に陥った人びとがこの先も自分の足で生きていけるように、コミュニティビジネスを通じた支援を行ってきました。
地域に暮らす人びとを真の意味で応援するなりわいとは何なのか、民際協力の事例から考えてみましょう。
18. もうひとつのなりわい

<9/17(土)-9/19(月・祝)>【岡山県西粟倉村を訪ねる】2泊3日合宿 西粟倉村の「森と生きるしごと作り」

案内人:井筒耕平(村楽エナジー株式会社 代表取締役)

僕たちが展開する西粟倉村でのしごとは、そのコンテンツとはたらき方の2つを共に大切にしています。それを現場に見に来ていただけたらと考えています。

●主著: 『エネルギーの世界を変える。22人の仕事』学芸出版社 2015/
「燃料費4割ダウン 温泉施設の薪ボイラー化はでっかい需要」『季刊地域』農文協 NO.24 2016冬号

●参考ウェブサイト: 「izutsukoheiブログ」 「元湯ウェブサイト」 

ワークショップ講師:井上達哉(株式会社 西粟倉・森の学校 代表取締役社長)
◎宿泊場所:「あわくら温泉 元湯」
18. もうひとつのなりわい

<10/2(日)10:00-18:00>なりわいをカタチにするための作法

青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所 代表)

守備範囲、というと大げさかもしれませんが、世間はあなたがどんなボールならうまくキャッチして、処理できるのかを知りたいのだと思います。

「ここは私におまかせください!」と表明し、名乗り、声をあげることが、みなさんのなりわいを、カタチにする一助になるでしょう。そんな時間をともに過ごしたいと思います。

●主著:『ミーティング・ファシリテーション入門 市民の会議術』ハンズオン埼玉出版部 2013/『アイスブレイク・ベスト50』ほんのもり出版 2014/『地域×クリエイティブ×仕事:淡路島発ローカルをデザインする』学芸出版社 2016

※日程が変更になりました。
18. もうひとつのなりわい