世界のニュースから国際情勢を読み解こう
  • NEW

世界のニュースから国際情勢を読み解こう

申し込み価格(税込):
42,000


インターネットや雑誌、新聞の英文記事を読み、その背景も学びながら日本語で議論する講座です。 開発、経済、食の問題など、日本や世界の情勢についてのトピックから、参加者とともにテーマを選びます。英語の文章を読み解く力、日本語らしく訳す力、そして溢れる情報を判断する力を身につけると同時に、様々なものの見方や考え方に出会うことができます。国際協力の現場から最新状況の報告もしていただく予定です。

●2021年6月-2022年1月
●原則として隔週火曜日 10:30-12:30
●全15回  ●定員20名
●受講料:42,000円(※初めて自由学校通年講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります。)

<若者応援!U25割>
25歳以下の方は入学金免除で受講いただけます。ご希望の方は、「入学金なし(すでに自由学校を受講したことがある)」を選択いただき、備考欄にU25割適用希望とご記載の上お申し込みください。

●開催形式:オンライン参加(zoom利用予定)または教室参加
※本講座は、PARC自由学校教室とオンライン、どちらの方法でもご参加いただけます。ご事情に応じて、受講方法を適宜切り替えていただくことも可能です。感染症の状況により、教室開催が困難な場合には、事態が収束するまでオンライン参加のみとする可能性があります。開講日2週間前になりましたら、講座実施方法について判断し、お申し込みいただいた皆さまにお知らせいたします。
・オンライン参加の方はなるべくカメラ・マイクをおつなぎください。
数量:

●講師:廣内かおり(アフリカ日本協議会 TICAD・国際保健担当コーディネイター)

市民団体のメンバーとして遺伝子組み換え問題やTPP問題等の翻訳、通訳に協力しながら、フリーランスとしても翻訳を行う。共訳書にリチャード・J・サミュエルズ『3.11震災は日本を変えたのか』英治出版 2016など。
世界のニュースから国際情勢を読み解こう

●講師:田中 滋(PARC事務局長)

米国コーネル大学大学院在学時からACORN(Association of Community Organizations for Reform Now)をはじめとする米国における低所得者層を支援する社会運動に関わる。帰国後は環境NGO A SEED JAPAN事務局を経て現職。社会的連帯経済を推進する大陸間ネットワーク(RIPESS)やアジア太平洋調査ネットワーク(APRN)など国際的なNGOネットワークの理事も担う。
世界のニュースから国際情勢を読み解こう

◎昨年度扱ったテーマ例

・ジョージ・フロイドの死とMovement for Black Lives
・アメリカ大統領選で起きたこと
・トランプはどうアメリカを変えたのか
・アメリカ共和党が白人主義になった数十年の歴史
・世界から忘れ去られたアフリカ西サハラの難民
・COVID-19で明るみに出た食糧危機問題
ほか

◎こんな人におすすめ!

・日本ではあまり伝えられないニュースの裏側を知りたい方
・NGOや独立系メディア、批評家の視点や分析を知りたい方

◎講座の進め方

事前に講師から送られる海外のニュース記事やNGOのレポートなどを受講生全員で読み説きます。講師それぞれの市民活動の視点から、ニュースの背景にある社会現象の解説を加えます。英日翻訳力や英文読解力を身につけたい方はもちろん、ニュースを選び取る力、背景まで含めてニュースを読み解く力を養いたい方にもぴったりな講座です。
※講師が分担してそれぞれの回を担当します。

◎日程

第1回:6/15
第2回:6/29
第3回:7/13
第4回:7/27
第5回:8/24
第6回:9/7
第7回:9/21
第8回:10/5
第9回:10/19
第10回:11/2
第11回:11/16
第12回:11/30
第13回:12/14
第14回:1/11
第15回:1/25