• NEW
  • オススメ

PARC自由学校特別講座『時代・社会を問い続ける者たち』:地域からの実践―生命の循環する地域を創造する

申し込み価格(税込):
1,000


◇◆PARC自由学校特別講座『時代・社会を問い続ける者たち』シリーズ◆◇

独自の視点で社会を見つめ、半生をかけて活動や思想の積み重ね・発信を続けてきた講師は、今の時代に何を見、何を問うのでしょうか。望む未来をつくるために、長年活動を続ける講師の経験から学びます。

2021年度は全4回開催予定。参加費は各回1,000円で、どなたでも1回からご参加いただけます。各講座ページからそれぞれお申し込みください。

4/2(金)
原発事故後10年、2021年の福島からあなたへ
武藤類子(福島原発告訴団団長/原発事故被害者団体連絡会共同代表)


4/30(金)
いのちの尊厳をバトンするために
安積遊歩(ピア・カウンセラー/日本熊森協会顧問/全国障害者在宅生活支援事業者連絡会顧問)


5/28(金)
平和と人権をまもる人間として立ちつづける
池住義憲(元立教大学大学院特任教授)


6/11(金)
地域からの実践―生命の循環する地域を創造する
菅野芳秀(農民・置賜自給圏推進機構 共同代表)
数量:

6/11(金) 「地域からの実践―生命の循環する地域を創造する」

●講師:菅野芳秀(農民・置賜自給圏推進機構 共同代表)

三里塚から50年。Aでの失敗をBで活かす。農民などの定住者にはそれができない。一つの失敗、信用の喪失はそのまま背負いつつ生きなければならない。そんな逃げ場のない地域実践50年からの学んだこと。

●主著:『玉子と土といのちと』創森社 2010/『みんなでなるべぇ柿の種―山形百姓の七転八倒記』(仮題)現代書館(2021年6月出版予定)

PARC自由学校特別講座『時代・社会を問い続ける者たち』:地域からの実践―生命の循環する地域を創造する

開催概要

●日時:2021年6月11日(金) 19:00-21:00

●参加費:1,000円
※どなたでも単発でご参加いただけます。
※詳しい参加方法は、お申し込み・入金確認ができた方に、開催日2日前までにご案内いたします。
※25歳以下の方、生活困窮者の方は無料でご受講いただけます。ご希望の方はPARC事務局(office@parc-jp.org)までご連絡ください。

●開催方法:オンライン(zoomを予定)
※オンライン参加にあたり、接続等に不安のある方はPARC事務局までご相談ください。接続マニュアルの送付など、ご参加のためのサポートをいたします。また、機材やインターネット環境に不安のある方は、PARC事務局にてオンライン講座にご参加いただくことも可能です。

●定員:100名(先着順)

●申込最終締切:6月11日(金) 16:00
※その後のお申し込みについては、リンク送付が開始直前、あるいは開始に間に合わない可能性がありますことをご了承ください。
※6月9日(水)以降に「郵便振替」、「銀行振込」にてご入金手続きいただく方は、入金明細を別途メールにてご提示ください。

主催・お申込・お問い合わせ

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org
http://www.parc-jp.org/
PARC自由学校特別講座『時代・社会を問い続ける者たち』:地域からの実践―生命の循環する地域を創造する