• NEW

森口豁・沖縄を見つめた写真の世界

申し込み価格(税込):
32,000


3年にわたって続けてきた、映像作家・森口豁さんの作品世界をたどる講座。映像ドキュメンタリー の世界で伝説的な作品だけでなく、森口さんならではの、知られざる沖縄を記録したスチール・カメラ での仕事を忘れるわけにはいきません。 4年目は、10代半ばの『カメラ毎日』などでの活躍、後にウルトラマンの脚本家になる金城哲夫との運命的な出会い、沖縄戦の傷跡、1950年代の辺野古、知られざる離島の秘祭や文化・医療・暮らし、島の子どもたちのその後の人生といったテーマに沿って、貴重な写真を手掛かりに語りつくしていただきます。 シリーズの案内人は、これまでと同様にジャーナリスト・永田浩三が務めます。

●2020年9月-12月 
●原則として水曜日 19:00-21:00
●全8回/定員20名 
●受講料:32,000円

※初めて自由学校通年講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります

※当講座は、新型コロナウイルス感染症の拡大をめぐる情勢を鑑み、開催時期の延期を決定いたしました。下記の新たな日程での実施を予定しております。

※本講座はPARC自由学校教室など特定の会場にお集まりいただいて実施する講座で、オンラインでの実施はいたしません。

※感染症の影響により、延期後の開講日においても開催が困難な場合には講座を中止とし、受講料を全額返金いたします。開講日2週間前になりましたら、開催可否について判断し、お申し込みいただいた皆さまにお知らせいたします。
 
数量:

◆講師&コーディネーター:森口 豁(ジャーナリスト)

小さな島々の少年、子守に明け暮れる幼い姉妹、そして掘っ建て小屋に隔離されたハンセン病の老女など、歴史年表の行間にひそむ「米軍政下の沖縄」の喜怒哀楽。その一点一点の写真と向き合いながら「もう一つのオキナワ」を語り合いませんか?

1937年東京生まれ。59年、玉川大学を中退し米軍政下 の沖縄に移住。琉球新報記者や日本テレビ「特派員」として活躍。東京転勤後も沖縄に通い続け、ドキュメンタリー番組28本を製作。『ひめゆり戦史・いま問う国家と教育』などで第17回テレビ大賞優秀個人賞などを受賞。過疎と抗う鳩間島のルポ『子乞い・沖縄孤島の歳月』は連続テレビドラマ「瑠璃の島」にもなった。「沖縄を語る一人の会」代表。
●主著:『さよならアメリカ 森口豁写真集』未來社 2011/『紙ハブと呼ばれた男 沖縄言論人 池宮城秀意の反骨』彩流社 2019
森口豁・沖縄を見つめた写真の世界

◆講師&コーディネーター:永田浩三(武蔵大学 教授/ジャーナリスト)

一枚一枚の写真には知られざる物語があります。森口さんの沖縄へのリスペクトや素直な驚き、戦争や基地への怒り、人びとに向ける優しいまなざしを、みなさんと一緒に共有し、沖縄を奥行深く学んでいきましょう。

1954年大阪生まれ。1977年NHK入社。ディレクター として教養・ドキュメンタリー番組を担当。プロデューサーとして『クローズアップ現代』『NHKスペ シャル』『ETV2001』等を制作。2009年から武蔵大学社会学部教授。ドキュメンタリー『森口豁・沖縄と生きる』を制作中。
●主著:『ヒロシマを伝える 詩画人・四國五郎と原爆の表現者たち』WAVE出版 2016 /『奄美の奇跡』WAVE出版 2015
森口豁・沖縄を見つめた写真の世界

9/9 写真・沖縄との出会い

中学生のときに出会ったカメラ。武者小路実篤の肖像。浦安の「青べか物語」の風景は『アサヒグラフ』に採用される。そして玉川学園高等部の1年後輩・金城哲夫との運命的な出会い。

9/23 神々が来る道・久高島

久高島の男子禁制の聖地・クボウ御嶽。ノロたちは森口を招き入れ、秘祭の撮影を許可した。初の映像作品『乾いた沖縄』も合わせて紹介し、知られざる島の人びとの祈りと暮らしを浮き彫りにする。

10/7 イーフの浜の戦争・久米島

イーフとは入江。森口は美しい入江の島・久米島で行われた住民虐殺を掘り起こす。島の人びとを殺したのは日本軍の守備隊であった。森口と久米島の人びととのさまざまな出会いの物語。

10/21 島ちゃびとニライの海

森口は八重山のさまざまな離島をすべて訪ねて歩いた。定期船が通わない島々。そこには、困難さだけではない、個性があふれた習俗、葬送のかたちがあった。

11/4 戦さ世を見つめる(1)

1950年代、辺野古には新たに米軍基地が建設されようとしていた。キャンプシュワブである。森口のカメラは地域の変貌を克明に記録した。

11/18 戦さ世を見つめる(2)

繰り返される基地被害。森口はさまざまな人びとの悲しみと怒りを見つめてきた。沖縄各地に立つ「いしぶみ」の解読も合わせて行う。

12/2 浜辺の子どもたち、そしてその後

1960年代、伊是名島の浜辺で少年たちは笑顔で写真におさまった。その後の彼らの人生はどうだったのか。 森口が出会ったさまざまな沖縄の子どもたちのライフストーリー。

12/12(土) 14:00〜17:00 映像でたどる森口豁の世界

永田浩三が監督したドキュメンタリーをもとに、改めて森口豁は沖縄の何を見つめてきたのか、その軌跡をたどる。