平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ
  • NEW

平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ

申し込み価格(税込):
28,000


政府レベルでの関係が史上最悪だからこそ、隣の国の社会や文化を知り、人びと同士の交流を深めていくことが、平和のためにとても大切です。そして、韓国では人権保障・格差解消・福祉充実・オーガニック給食無償化 など人びとの命と暮らしを守る社会的連帯経済が進んでいます。そこに学びつつ、市民レベルから望ましい関係づくりを考えていきましょう。

●2020年6月ー10月
●原則として木曜日 19:00ー21:00
●全7回/定員30名
●受講料 28,000円

※初めて自由学校通年講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります。
※日程など講座の詳細は変更される可能性があります。
※各回の概要は近日公開予定です。
数量:

コーディネーター


白石 孝(希望連帯 代表/PARC 理事)


大江正章(コモンズ 代表/PARC 共同代表)

6/4 日韓関係―戦争裁判・サンフランシスコ講和体制から考える

内海愛子(恵泉女学園大学 名誉教授)
平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ

7/2 韓国民主化100年の歩みをたどる

青柳純一(翻訳家/金起林記念会 共同代表)
平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ

7/16 日韓のメディア事情をみる

岩崎貞明(メディア総合研究所 事務局長)
平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ

7/30 韓国人は日本をどう見ているのか、そして韓国市民社会とキャンドル革命

李 正連(東京大学大学院教育学研究科 准教授)
平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ

9/3 なぜ、いま韓国文学が読まれるのか―その魅力と背景

金 承福(出版社クオン 代表取締役)
平和のための日韓市民連帯 ―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ

9/17 日本よりはるかに先を進む人権ファーストの国・韓国―文在寅政権と朴元淳ソウル市政

白石 孝(希望連帯 代表/PARC 理事)

10/8 貧困を解消し新たな経済社会を創りだす

姜 乃榮(地域ファシリテーター/慶熙大學フマニタスカレッジ 講師)

2020年秋 関連企画!「先進的政策をリードする韓国市民社会運動に出会う旅」

3泊4日
コーディネーター:白石 孝(希望連帯 代表/PARC 理事)